(marunouchi) HOUSE

Archives

Report

 

 

 EVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGS

 

TOWA TEI音楽活動20周年を祝う熱い一夜

 

日本を代表するDJ/アーティストTOWA TEIの音楽活動20周年を記念して、ベストアルバム「94-14」3部作の発表と共に、クリエイターのヒロ杉山との共作によるアート作品の展示や、音楽活動のアーカイブなど、TOWA TEIの世界が表現されたエキシビションが開催された。9/12(金)には、TOWA TEIの50歳のバースデーイベントも兼ねたパーティーを開催。TOWA TEIと公私ともに親交のある、名だたるDJ陣が丸の内ハウスに集結した。

 

EVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGS

ライブラリースペースでは、世界のアートシーンで活躍するヒロ杉山と共作したアート作品を展示、グレートホールのPOP UP SHOPでは、TOWA TEIのトラック同様に注目を集めてきた、国内外様々なアーティストが手がけたジャケットのアートワークやディスコグラフィ、オリジナルTシャツなども展示、販売された。等身大のTOWA TEI人形も登場してファンを喜ばせた。

 

 

EVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGS

 

Interview:TOWA TEI
「20年来の付き合いになるヒロさんとは、プライベートでも旅行に行ったりと、仕事仲間としても友人としても信頼がおける仲。共作のアート作品は、僕がコツコツ作っていたコラージュのアートを、ヒロさんに渡して、彼に好きなように料理してもらったもの。今回は、彼の代表作でもある幾何学柄のアートが中心でした。その中から、今回リリースしたベストアルバムのジャケットに採用。他の作品をキャンバスにして展示、販売をしています。お気づきの方も多いと思いますが、アート作品は値段を低めに設定しているんです。そこには、生活の中で、自然に音楽を愉しむように、アートも生活の一部として親しんでほしい。音楽が流れると家の中が穏やかで、幸せな空間になるのと同じように、アートを飾るということでもっと身近なものに感じてもらいたい。という僕たちの思いが込められています。今年20年を迎えた音楽活動も、1つのアートピースの様に、空間の中で、いる人に心地よいと感じてもらえ、ハッピーな気持ちになれるトラックを、これからも作り続けていけたらと思っています。」

 

 

 

EVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGSEVENT REPORT :TOWA TEI THINKS PRETTY THINGS

Party
この日は、TOWA TEI 50歳のお誕生日ということもあり、彼自身と親交の深いDJ陣が集結。DJ HICOのプレイからスタートし、INO hidefumiや、DORIANのライブなど、トップアーティストの登場でグレートホールは盛り上がりをみせた。お待ちかね、TOWA TEIのプレイが始まると盛り上がりは最高潮に。サプライズでスペシャルゲストに野宮真貴が駆けつけTOWA TEIとコラボした楽曲「甘い生活」の生歌を披露。とりを飾ったのは、大沢伸一。普段の丸の内ハウスとは全く違う、音楽のパワーが炸裂したエンターテイメント空間となった。

 

 

 

Archives